新着情報

  • トップページ
  • カウンセリングキネシオロジーの紹介
  • 施術の流れ
  • メニュー
  • よくある質問

パニック とか うつ という、病名を心に刻み込まないで!

2014年09月08日
心療内科などで、「パニックですね」「うつ ですね」といったように病名をつけられたことってありますか?

私のことを言うならば、実際はそういう診断は受けたことはありません。

でも、20代の頃は『過食症』であったという、自覚があります。

過食症は、簡単に言うと「食べたものを意図的に吐く」というものですが、
これを結構安易に、ダイエット目的でやっていました。

でも、この、食べて吐くという行為は、リストカットと同等のものであると言われています。

生きるために絶対に必要な「食べること」を拒否しているわけですからね。

なんとなくやってはいけないこととは思ってもやめられない。
吐かないことのほうが辛かったです。
だって太っちゃうんだもん!ということです。

太っちゃうと、誰も相手にしてくれない。
彼もいなくなるに違いない。

そういう、いつもギリギリの精神状態でした。


過食症という言葉は、心療内科のお医者様がつけた、単なる病名です。

そういう、人間が勝手につけた病名にとらわれるよりも、
どうしてその症状を抱えてしまったのかに注目したほうが解決しやすいのです。


だから、「私はパニックなんだ」「私はうつ病なんだ」と自ら刷り込まないほうが良いかもしれませんね。


考えられる理由としては、根本的に、自信のなさや精神的な不安定さなどがある。

私はたまたま、過食症の症状となり...
ある人は、パニックの症状となり...
ある人は、うつの症状となり...

つまり、

私は、醜い自分がゆるせなくて食べることを嫌悪してしまう、状態。
ある方は人ごみを辛く感じてしまう、状態。
ある方は人生を楽しめない、状態。

これが正確な情報です。


なんといっても「○○な状態だ」と認識を変えることで、その状態は移行していくようなイメージに変わっていくでしょう^^
もしかしたら改善するのではないかというイメージが膨らみます。

病名で自分を決定しないことって、とても重要ですよ☆


あ、今現在、当時より確実に体重は増えていますが、全然、幸福度は高いです。
(ま、痩せたいですけどね^^)

<< 戻る

TEL:090-2159-9917 メールフォームはこちら

Information

マインドカウンセリング&キネシオロジー リバティ
〒370-0105
群馬県伊勢崎市境伊与久1663-18
  • リバティでは群馬県でキネシオロジーの講座、セラピーを行っております。 講座ではキネシオロジーの技術を学ぶ際に自分の悩みをテーマに進めていきますので、講座終了後にはその悩みも解消されます。 悩みを抱えていらっしゃる方、セラピスト志望の方…等お気軽にお問い合わせください。
  • TEL 営業時間10:00~19:00 不定休
  • お電話でのお問い合わせは19時以降も受け付けています
    (出られない場合は後程おかけ直しいたします)

無理なく 自分を好きになる BLOG

日向野泰子
カウンセラー 日向野泰子
あなたのことをあなた自身の体に聴いていく手法を用いた体感型カウンセリング。
人生の流れを変えるために、相談者様のこころの声を丁寧にうかがってまいります。

ページの先頭へ