新着情報

  • トップページ
  • カウンセリングキネシオロジーの紹介
  • 施術の流れ
  • メニュー
  • よくある質問

妊娠中でも安全なセラピーです

2014年10月14日
先日妊娠中のIさんがセラピーを受けにいらしてくださいました。

Iさんは、3人目を妊娠中。
妊娠中はいつも体調を崩しやすいとのことでした。

疲れやすく、頭痛・だるさ
その中で家事、育児、仕事までをこなしてらっしゃいます。

でも何よりもおなかが張りやすいとのこと。
切迫早産に対して不安と焦りでいっぱいになってしまったそうです。

Iさんはこのおなかの張りが赤ちゃんからのメッセージだとはわかってはいましたが、
それを具体的に知っておきたい...ということでした。

キネシオロジーセラピーで潜在意識に聴いていくと、

『受け入れる体制が整っていない』というメッセージ。

これをIさんにお伝えして、そこからまた、『ではどういう状態なら体制が整ったといえるか』を伺っていきます。

決定したGOALは
「年を一緒に越そうね♪と声掛けをする」
この声掛けを意識していただきます☆

すると翌日には、Iさんからこんなメールを頂戴しました。

『やすこさーん!
今日は仕事に来れたから来ましたよー!
お腹、全然張らなくなりましたっ。゚(T-T)゚。!

群馬県伊勢崎市 30歳 SIさん』

Iさんは、"仕事のために体力を温存する"という認識で休日を過ごしていました。
これは無意識ではありますが。

母親なので、赤ちゃんのことを全く考えていないわけではないです。
だって経済的に安定させておくことも、重要ですからね。

食事制限、仕事を制限、運動制限
とにかく無理してはいけない...
そんな、制限のための休日では母体も胎児も心から休めるわけはないですから。

ママが制限、制限できていると、
赤ちゃんにも無意識に、
「まだ出てきちゃダメだよ、張らないでね」となります。
つまり、○○しちゃだめ、○○しないでという、制限をかけることになるんですね。


「まだ出てきちゃダメだよ」
と言われ続けて予定日を迎えたら...

もしかしたら安産とはいかないかもしれませんよね。。


「一緒に年越しをしようね」
は、Iさんと赤ちゃんから制限を外すための魔法の言葉。
そして張りが止まったのは受け入れ体制が整ったサインだと思います。

****************
産婦人科でもメンタル面はそこまでカバーできないと思います。
また、心療内科へ行くほどではなく...
ましてや薬など出されても、飲む気になどなれないのが妊娠中の母親です。

妊娠中、または、産後のうつ症状などにも、からだに聴く安全なキネシオロジーセラピーはお役にたてるんじゃないかと思います^^

<< 戻る

TEL:090-2159-9917 メールフォームはこちら

Information

マインドカウンセリング&キネシオロジー リバティ
〒370-0105
群馬県伊勢崎市境伊与久1663-18
  • リバティでは群馬県でキネシオロジーの講座、セラピーを行っております。 講座ではキネシオロジーの技術を学ぶ際に自分の悩みをテーマに進めていきますので、講座終了後にはその悩みも解消されます。 悩みを抱えていらっしゃる方、セラピスト志望の方…等お気軽にお問い合わせください。
  • TEL 営業時間10:00~19:00 不定休
  • お電話でのお問い合わせは19時以降も受け付けています
    (出られない場合は後程おかけ直しいたします)

無理なく 自分を好きになる BLOG

日向野泰子
カウンセラー 日向野泰子
あなたのことをあなた自身の体に聴いていく手法を用いた体感型カウンセリング。
人生の流れを変えるために、相談者様のこころの声を丁寧にうかがってまいります。

ページの先頭へ